• 資料請求はコチラ

トップページにて、最新情報をお届けしております。(HPリニューアル工事中のため)

HPのリニューアル工事中です。

 

最新情報は  トップページにてご確認下さい!

 

ご迷惑おかけします!

 

       スペースマムちゃん

新職員さん いらっしゃい! 小森 幸枝さん(生活支援員 看護師)

小森と申します。

 

 井之頭病院で15年、アルコール依存症看護の携わって参りました。

3月に定年退職し、4月よりマムのスタッフとして務めさせて頂いております。

マムとも又、15年のお付き合い。

いつしかマムは、私の大好きな場所となりました。

その大好きな場所が今は職場となり、幸せを感じながら過ごす毎日です。

 

 マムの標語『いっしょに生きよう、ゆっくり生きよう』とあるように

本当に温かく、ゆっくりと時間が流れていて落ち着きます。

木工や紙漉き、手芸等、様々な作品作りは、不器用な私にとって不安のタネでした。

でも、メンバーの方々が丁寧に教えてくださり、作業が楽しくなって参りました。

ストレッチも担当させていただき、皆様と一緒に体を動かすのも楽しい時間です。

 

 まだまだ不慣れではありますが、自分自身の成長も目指しつつ、少しでも皆様のお役に立てますよう

精一杯努力してまいりたいと存じます。

 

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 小森さんには『NPO法人リビングハウス マム』の頃から、通所者様を優しく見守る看護師さんとして、法人の理事として、ゲストさんとして1泊研修・日帰り研修・アディクションセミナーなど年中行事諸々、その他ありとあらゆる場面でマムを盛り立ていただき、マムには欠かせない大事なチームの一員としてお世話になっておりました

 

 

 数年続いたコロナ禍、マムもいろんな規制のもと、厳しいながらアルコール依存症の支援を続けてまいりました。

 2023年コロナも5類移行され、街も人も徐々にコロナと歩む新しい日常へ少しづつ動き始めました。

 2024年になり、これからのマムをどうするか、そう考えていた私たち。

  今のマムを考えたとき、いくつかの課題が見えてきた。

   ※『長年の飲酒と加齢に伴う健康上の支援』という課題

    (現在、透析・インシュリン自己注射・在宅酸素対象者の通所対応、投薬の管理など実施)

   

   ※『コロナ体験から”利用者の命を守る”ための支援と場所づくり』という課題

 

『多様化するニーズに応えられる事業所にしなければならない!』

 

 

 そんな折、小森さんのご退職のお話を、こそっと耳にして

『小森さんに来ていただいたら、本当に心強い!』と勝手に暴走。

 

でも、小さな福祉施設。。。

恐る恐る、ダメもとで、勇気を振り絞って声をかけさせていただきました。

 OKのお返事を頂くまでは、ドキドキ。

 そしてお返事を頂いて、みなさんに発表できるまでソワソワ。

 

やっと、皆さんにマムの小森さんとしてご紹介できるようになった次第です。

まさかね、と思っておりましたが願えば叶うというのは本当のようです!

 

 入職していただき2カ月が過ぎました。

今では、作業所の中で健康管理、体調のチェック、心配事の相談とメンバーさんのケアの傍ら

自主製品づくりにも、一緒に参加していただいております。

通所されている皆さんのより近くで

マムを通所者様のより安心・安全な場所にするためにご尽力を頂いております。

 

今、迷っている、悩んでいる、困っている そんな皆さん

        マムは、そんな皆さんの安心・安全な場所になれたらといつも考えています。

 

令和6年度 新規通所者 募集しています!

・お酒をやめたい。

・お酒はやめているけれど、まだまだ飲酒の不安があって、どこかにつながっていたい。

・一人で部屋にいると、飲酒につながってしまう。

・同じアルコール依存症の仲間と回復を目指したい。

 

・お酒をやめて何かをしたいけれど、何をしたらいいかわからない。

・お酒をやめて仕事に就きたいけれど、まだ不安もあり、リハビリ的に軽作業をしてみたい。

・お酒はやめられているけれど、長い間の飲酒で一般の就労が難しい。でも、何かやれることをしてみたい。

 

・崩れてしまった生活のリズムを整えたい。(規則正しい生活をしたい。)

・みんなが当たり前にできることが、当たり前にできるよう頑張りたい。

 

・自分の居場所を作りたい。

・年齢的に仕事に就くのは難しい。でも、何か仕事をしていたい。

・長年の飲酒で壊してしまった体で、仕事は難しいが何かしていたい。

 

それぞれの目的をもって通所されています。

 

一緒に過ごしてみませんか。

令和6年度 新規通所者 募集しています! 

   見学や1日体験通所を実施しておりますので、お問い合わせください。

                         担当 サービス管理責任者 矢澤 

令和6年 新しい職員を迎え 新体制で始まりました!

 

この4月から新しい職員を迎え、新体制で通所のみなさんの回復を支えることになりました!

 

 

病院のアルコール依存症の回復の現場で、長年愛されご活躍されてきた優しい看護師さん

 

長い間、食と調理に携わり食で社会貢献したいと入職してくださった頼れる調理師さん

 

 

お二人を迎えて、さらに手厚く細やかなサポートができるようになりました!

 マムに通って回復を目指しませんか?

 

 

4月から様々なご相談に、担当者がお応えします。

 

 1 初めての方 マムについて知りたい方 各種案内・御問合せ

   ご見学のご希望 手作りの食事を食べてみたいなど     担当 矢澤(サービス管理責任者)          

 

 2 作業について知りたい 担当 秋葉(清掃・生活支援員) 山田(製品・目標工賃達成指導員)

 

 3 依存症回復や伴う不安、健康について 担当 小森(看護師)

 

 4 自助グループ・家族会について知りたい 担当 秋葉(生活支援員)

 

 

                                                                                  お気軽にご相談ください!

薬物との付き合い方に悩む皆様への情報ハンドブック ご案内

 国立精神・神経医療研究センター

 精神保健研究所 薬物依存研究部 監修

 

 izon-model@ncnp.go.jp

 

東京都内 各種社会資源

 

『薬物との付き合い方に悩む皆様への情報ハンドブック』

 

東京都を中心に、困ったときに相談できるかもしれない機関情報をまとめてみました。

 

ガス・シンナー・市販薬・処方箋・危険ドラッグ・アルコール・大麻・覚せい剤

 

 https://lit.link/ncnp  (各施設のwebサイトリンク)

 

 

ハンドブックをご希望される方は、当事業所資料請求にて併せてご案内いたします。

 

特定非営利活動法人SUN リビングハウス マム

 アルコール依存症からの回復は、人間関係の回復です。

子供の頃から、いつも一人で頑張ってきたアルコール依存症者は、他人に助けを求めるのが苦手でお酒に癒しを求めてきました。

 しかし、アルコールは、 脳や内臓を破壊し大切にしてきた仕事や仲間そして家族までも奪ってしまいました。すべてを失ったあなたに必要なものは、生き方を変える(酒なし生活)覚悟と行動力です。
 

 マムには、同じ失敗を繰り返さない為のヒントや暖かい仲間がいます。

 

もう、一人で頑張るのは終わりにしましょう。

 

※ご高齢の方でも「障害福祉サービス受給者証」をお持ちであれば通所可能です。

お住いの自治体の障害福祉窓口でご相談ください。

 

 

2022年6月22日 リビングハウスマムからのお知らせ

 

    こんにちは。

       更新が滞っておりました。申し訳ありません。

 

       現在の状況をお知らせいたします。

 

      「特定非営利活動法人リビングハウスマム」は平成27年10月より

      「特定非営利活動法人SUN リビングハウスマム」として活動しております。

     

        ホームページでのご案内が遅れましたことお詫び申し上げます。

 

   日中活動の支援をする通所型施設です。

 

   ホームページの情報など、旧法人の情報となっておりますが

   連絡先、資料請求先などの変更はございません。

 

   申し訳ありません。

   宜しくお願いいたします。

                    

 

 

                  特定非営利活動法人SUN   理事長 重盛 憲司

 

                     リビングハウス マム  事業所長 矢澤 聖

 

 

          特定非営利活動法人SUN (本部)   理事長 重盛 憲司

             東京都目黒区中央町2-32-5スマイルプラザ中央町4F

                          (電話)03-3712-0653

            ◎精神 アルコール依存症

            

            ◎事業内容

              ・就労B(SUN 目黒区)

              ・計画相談(目黒区)

              ・グループホーム(グレープバイン・チェリー)

      

              ・就労Bリビングハウスマム・SUN三鷹事業所) 

                東京都三鷹市上連雀2-18-16 1F

                         (電話)0422-41-8758   

 

〇アルコール依存症からの回復を目指している方

    アルコール依存症の治療をお受けになっている方、デイケアなどに通われている方

 

1、退院が決まったけれど、一人になると飲酒の不安がある方

2、退院したけれど、心や体の調子に不安があって、時間をかけながら生活のリズムから整えたいと思っている方

3、先々仕事をしたいと思っているけれど、それまで心体の回復を目指しながら日中過ごす場所を探している方

4、何かしてみたいけれど、心や体の病や障害で諦めかけている方

5、何かしていたいけれど、年齢的に諦めかけている方

 (障害福祉サービス受給者証対象であれば問題ありません。

         お住いの自治体の障害福祉窓口にご相談ください。)

6、長い時間かけて回復している仲間と過ごしてみたい方

7、仲間と過ごしていたいけど、大勢の中で過ごすのは苦手な方

8、ゆっくりじっくり回復に取り組みたい方

9、『自分らしく生きる生き方』にじっくり取り組みたい方

   10、飲酒によって乱れてしまった、生活のリズムを整えたい方

   

 

資料請求は、ホームページ右上ボタンから

 

 

電話によるお問い合わせ・相談 

 

    TEL/FAX  0422418758(祝日を除く 月~金10301700

 

随時、職員がご相談を承ります。お一人で悩まず、お気軽にお声かけください。

   関係各所の皆様からのご相談もお待ちしております。

 

 

 

ご相談・ご見学・試験参加の後、障害福祉サービス受給者証の取得をもって通所開始となります。    ( 定員数20名です。空き状況はホームページ・電話にてご確認ください。)

 

 

 

      

リビングハウスマムでは、こんな皆さんをお待ちしています。

 

 新規通所者募集します。ご希望の方はご相談ください。

 

新規 3~5名

 

現在のご利用者様割合

年齢 30代 40代 50代

60

70代以上

登録16名

0名

2名

5名

6 名

3名

 定員20名

男性

女性

 

 

 

 

14名

2名

 

 

 

 

     

 

   リビングハウス マムご利用希望の皆様へ    

 

◎通所をされる場合「障害福祉サービス受給者証」が必要となります。

 お住いになられている自治体の障害福祉窓口にご相談下さい。

 ※ご相談・ご見学・試験参加時には「障害福祉サービス受給者証」は必要ありません。

 

◎原則として、月曜~金曜 9:301500  (第2・第4土曜日開所・祝日も開所あり)      

を通所条件とさせていただきます。

  

午前プログラム

午後プログラム

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

清掃・自主製品制作など

業務ミーティング 自主製品制作

清掃・自主製品制作など

テーマミーティング 自主製品制作

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

土・祝

なし

 

 

 

   ※毎月 第3金曜日(午後)

      リモートによるアルコール依存症勉強会(講師 岡崎直人氏)

 

 

◎上記の通所条件が困難な場合も、お気軽にご相談ください。

例1)5日間 午前のみ または 午後のみ  

例2)3日~4日のみ(午前のみ または 午後のみ) 

 

 

午前

9-13

昼あり

 

プログラム

午後

13-15

昼なし

 

プログラム

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

清掃・自主製品制作など

業務ミーティング 自主製品制作

清掃・自主製品制作など

テーマミーティング 自主製品制作

清掃・自主製品制作など

自主製品制作

第2・4土(祝)

フリー(映画鑑賞作業等)

×

 

       

     ※毎月 第3金曜日(午後)リモートによるアルコール依存症 勉強会

 

      まずは、マムに通所してアルコールから離れた時間を作りませんか。

     

    そして回復に向けて先を歩く仲間たちと

               アルコールのない時間を共有してください。

    先を歩く仲間たちの背中をみて

               話をして、一緒に過ごしてみてください。

   

    自分にあった回復への答えが、きっと見つかるはずです。

      

    スタッフも一緒に考えながら、1歩1歩を支えます。

     

                            いっしょに生きよう。ゆっくり生きよう。

 

                                     NPO法人SUN リビングハウス マム

見学日程のお知らせ(利用希望者様・関係機関の皆様)

2024年 6月/7月 見学が可能な日程(〇)をお知らせします。(6月 10日 更新 開所日変更あり)

見学時間 午後 1:00~となります。ご都合の合わない場合はご相談ください。

                      

                     7

 1

 2

 3

 4

 〇

 〇

〇13:30

〇14:00 

 /

 休

10

11

12

13

14

 /

〇13:30

 △14:00 

  休

 休

15

16

17

18

19

20

21

 

×

△14:00  

 休

 休

22

23

24

25

26

27

28

〇13:30

△14:00 

 休

 休

29

30

 31

 

 

 

 

 〇

〇13:30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                              

 1

 2

 3

 4

 5

 

 

    × 

 〇14:00  

 休

 休

       6

 〇

×

〇14:00  

  〇

 休

休 

10

11

12

13

14

15

16

 〇

 〇

×

○14:00 

 〇

休 

 休

17

18

19

20

21

22

23

 

×

○14:00 

休 

24

25

 26

 27

 28

29 

  30

 〇

×

〇14:00  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングハウスマム運営方針

リビングハウスマム運営方針

<目的>  

 

 

 

 

人間関係(生きづらさ)の回復支援

 

社会参加・社会復帰への支援

 

アルコール関連問題に関する教育・相談・啓発活動

<目標>  

 

 

 

 

 

1、

安心・安全な場所と人の提供

 

 

2、

自己を振り返り、他者を認め合える機会の提供

 

3、

社会復帰へ向けての就労の提供

 

 

4、

バザー・イベント等地域参加の機会の提供

   [ミーティング・勉強会の目的]

 

 

 

①.他人の話しに耳を傾ける力、自分の気持ちを伝える力を養う

 

②.自他の違いを認めると共に、仲間としての心の分かち合いをする

 

③.病気の理解と酒なし生活術を学習する

 

   [調理・公園清掃等の目的]

 

 

 

①.段取り力 ・ 協調性 ・ 集中力 ・ 責任感を養う

 

 

②.コミュニケーション力を養う  ③.清潔不潔の観念を身につける

   [自主製品作成の目的]

 

 

 

①.想像力 ・ コミュニケーション力を養う

 

 

②.満足感 ・ 達成感を体験する

 

 

   [所外活動(バザー・イベント)の目的]

 

 

①.地域とのつながりを体験する

 

 

 

②.四季を感じる

 

 

 

 

③.社会人としてのマナーを身につける

 

『清掃事業』いっしょに頑張る仲間を募集!

作業プログラムの清掃業務

 

真夏の暑い最中でも

三鷹市内の公園

都営アパート様、民間アパート様の

外回りの清掃に頑張っております。

剪定も除草もバリバリにやります。

 

汗かき泥だらけになって働く姿

プロ並みの仕事の成果を評価いただき

新しいご依頼を受けることもしばしば。

 

自主製品制作、清掃作業ともに評価が高いのは

断酒を続け回復を目指した1つの成果です。

 仲間と協力して仕事をする。

  依頼された仕事をきちんとこなす。

     最後まで責任をもって受け持つ。

 

もともと苦手なことだったり

  長い間の飲酒生活で、以前はできていたことができなくなっていたり・・・・

 

マムの回復プログラムは

   実際の作業の場や集団生活の場で実践を重ね、今の自分を確認しながら

         少しづつ成果を積み重ねていきます。

 

            いっしょに汗を流しませんか!  

                        お仕事の依頼が増えています!

ちょっと一息! ご紹介します。リビングハウスマムの大好評手作り昼食です!

    大好評のマムの昼食!

  

   👆は、毎日の手作り昼食からのご紹介!

     大きなホッケ

       揚げワンタン

         肉どんぶり

        

      愛情もボリュームもたっぷり!

 

   👈「食当体験!冷食を使ったカリー 作り!」

                          みんなで作ったカリーWです。

 

    

リビングハウスマム ホームページをご覧いただきありがとうございました。

リビングハウスマムでは

『ゆっくり生きよう いっしょに生きよう』をテーマに

              アルコール使用障害(依存症)の皆様の回復支援を続けております。

 

これからも、アルコール使用障害(依存症)と向き合う皆様といっしょに

   飲酒問題だけではなく、それに伴う心身の病

       ご年齢とともに変化する心身のお悩み等にも配慮しながら

              おひとりおひとりの『自分らしい生き方』に

                      寄り添える支援を目指していきます。

 

  回復の先を行く仲間と安心できる職員といっしょに過ごしてみませんか?  

 

 

マム通所者様の声(マムの食事編!)

~スタッフのメッセージ&マムランチな仲間たちメッセージ~

2024年 新着マム情報局!

令和5年度『福祉サービス第三者評価』受審致しました。

リビングハウス マムは、

    令和5年度に第3者評価を受審致しました。

         評価結果は『福ナビ』に公開しております。

 

                      

令和6年度始動! 4/10 野川公園で恒例の酒なし花見! 快晴の一日でした!

令和6年度 始まりました!

 今年度は、新しいスタッフが2人増え、マムもパワーアップでまいります!

 

 4月10日(水)昨年は早すぎる桜の開花と悪天候に断念した野川公園でのお花見を決行!

 

 日程を決めた1週間前には、週間天気予報も☁/☂でした。

 ま、春の天気は毎日変わるとその日に決め、準備を進め、読みが当たったのか、それともみんなの行いが良かったのか、週末には、☂がちょろっと☀マーク変わり。

 でも前日は、記録的な大雨と風の予報。

花散らしになるのか?ぬかるみの中の花筏を見ることになるのか?・・・

やっぱりやめるか?・・・と悶々としましたが

 

『でも明日は☀なんだ!

  みんなで桜の下で美味しいお弁当を食べるぞ!』

 

『みんなで、酒なしで楽しむぞ!』と決行!

 

当日は 『ほら見たことか!俺の行いが良いからだ!』と心の中で静かに思いつつ・・・

 

マムのみんなの行いが良く、花見をしたいという願いが届き、お花見日和の快晴!

 

雲一つない青空!風も穏やか!日差しも降り注ぎ!

  心配していた桜もまだまだ頑張って咲いている! ぬかるみの花筏なんてないじゃん!

てなことで、最高のお花見を楽しみました!

 

青空の下でラジオ体操で始まり、ハーモニカとギターの演奏でみんなで声出しした歌の時間。

そして、二段のおこわ弁当は大好評!

  昼食後は、桜の下でそれぞれゆったりとした時間を過ごして、集合写真を撮って終了!

 

お酒なんてなんてなくても、同じ悩みを持つ仲間とが頑張る仲間と素敵な時間を過ごしました!

集合写真は、残念ですが載せるわけにいかないので、通所の方がイラストにしてくれました♪

 

素晴らしい1日で終えたお花見。

幸先よく素晴らしい新年度が始まりそうな予感がします!

 

 

いっしょに生きよう。 ゆっくりいきよう。

2/16   バス研修  小河内ダムへ行ってきました!

2/16 三鷹市のふれあい号を使わせていただき 

              奥多摩の小河内ダムと水と緑のふれあい館へ。

 

集合時間の朝の三鷹駅は、天気は良かったものの寒い北風が吹き荒れていて

 どうなることやらと心配しましたが、現地についてみると、風一つない快晴!

  ダムのほとりのベンチに腰かけていると、身体が暑くなるくらいの最高の天気に恵まれました!

 

マムの大先輩OBの方もゲスト参加してくださり

      酒なしの研修兼レクリエーションは有意義な時間でした!

 

笑いあり・・・

   時々はめを外して・・・・・・・

    でも、やっぱり   笑いあり。

 

こんな時間から、お酒に代わる楽しみや仲間と過ごす楽しさや

                そんな時間の大切さを知る研修でした。

 

頑張るだけが、回復の道ではないと思います。

 

2024年 2月 立春を迎えました。

新しい春の訪れです。

 

ロウバイや梅の花が香り

   足元には、ホトケノザや

      オオイヌノフグリがほころび始め

          少しずつ春の訪れを感じています。

 

ところが・・・

   この時期のあるあるですが

      立春が過ぎ、今朝は大雪明けの朝。

        スタッフとメンバーさんが雪かきを

                 してくれていました。

 

  そして、雪だるまw

   木工作品のスノーマンではなく リアルスノーマン!

        マムらしい風景 W

 

  のんびり、ゆっくり。

      大雪降った朝でも、みんなで笑いにかえて

                      ホッとする居場所づくり。

 

  いっしょに生きよう。

         ゆっくりいきよう。 マムの変わらぬテーマです。

 

                    辛いこと、頑張ることばかりじゃ生きられない!

 

   鬼は外 福は内で

           みんなに春よ来い!

 

  『生きてゆくこと』 それを回復とするのならば 

                それぞれに何が必要なのか 一緒に考えていきましょ。

 

2023年 10月 販売イベントのお知らせ

リビングハウスマム かわいらしい手作り雑貨を販売いたします!

木工製品(ハロウィン・クリスマス商品他)・手漉き紙商品(はがき・アクセサリー他)・陶芸商品・イラスト商品(缶バッジ他)・手作りマム石鹸などなど、みんなで丁寧に作り上げた商品を販売いたします。季節も過ごしやすい秋になります。お散歩がてら、ぜひぜひ、お出かけください!

 

10月25日(水曜日) みたか星風マート 三鷹駅南口『緑の小ひろば』 10:30~14:00

 

10月28日(土曜日) 星と森と絵本の家秋まつり 国立天文台となり星と森と絵本の家

          (当日は、天文台イベントあり。詳細は、後日掲載いたします。)

2023年 9月22日(金) ストレッチ 再開しました!

コロナ禍、休止していた月1のストレッチを再開いたしました!!!!

 

 

さて今回からは、かねてからの念願だった

みんなも大好きな講師の先生をお迎えして、初めてのストレッチ。

 

久々に、眠っていた体のあっちこっちが目覚めたようにすっきりしました!

 

といいつつ、遅れて筋肉痛も来ましたがw

 

でも、これからさらにメンバーさんと一緒に

ストレッチの内容を考えてくださるとのこと。

楽しみです!!

 

 

 

本当に少しづつですが、感染症予防に努めながら『通常営業に戻そう!』を合言葉に、マムも動きだしました!

 

 

2023年 9月1日(金曜)防災訓練  酒なし納涼祭『夏フェス&お祭り屋台!』

9月1日(金)

今年も、酒なし納涼祭を開催しました!

 

音楽を中心にした『夏フェス』では、エレキ講、アコギの懐かしい名曲弾き語り

様々なハーモニカを使ったレクチャーとリクエストソング演奏

 

『お祭り屋台』メニューでは、海鮮チジミ、焼き鳥、フランクフルト、かき氷

 

心も体も満たされた時間を過ごしました。

お酒なしで、仲間といっしょに楽しみました!

 

 

7月28日(金) 山梨市 日帰りバス研修

真夏の晴天の中

山梨県山梨市にある笛吹川フルーツ公園内の『やまなしフルーツ温泉ぷくぷく』へ

日帰りバス研修に行ってきました。

 

朝から暑い暑~い日でしたが、バスは涼やか快適な旅路。

クイズ大会・ハーモニカ演奏・ビンゴ大会・途中のサービスエリアではお買い物を楽しんだり。

 

『やまなしフルーツ温泉ぷくぷく』では、しゃぶしゃぶがメインの宴会昼食。

そこにカツオのたたき、うなぎ、厚焼き玉子、鯵南蛮、ぷりぷりのエビ料理と豪華さ、味ともに大満足!

温泉には、眺めの良い露天風呂。そこにはなんとパイナップルとスイカが浮いていました!

まさに『フルーツが温泉にぷくぷく』季節ごとに果物は変わるようです。

 

お酒なしでも楽しいことはたくさんある

お酒がなくても、仲間と過ごすことができる

しおりを作ったり、ビンゴの準備をしたり、おやつの買い出しに行ったり

行き先の勉強会をしたり、仲間と協力をしながら旅を成功させる

 

そんな経験をしていただくのが研修旅行です。

 

みんなが無事で、沢山沢山楽しめた1日でした!

神代植物公園 春のレク写真

宝くじが当たったらどうする?

 久しぶりにメンバーさんからのテーマでミーティングを

行いました。

 

『宝くじが当たったら?』季節がら面白いテーマでした。

 

・金額にもよるなぁ

・冷蔵庫とか(日常的に使うもの)を買い替えて終わりくらいだと嬉しいかも。

・とりあえず借金返して・・・老後のたくわえとか?

・貯蓄する?

・老後いくら必要なのか調べて、そのくらい?

・でも1000万とかくらいでいいよね・・・

・いまさら家とかいらないし・・

・いや、億とか想像がつかないね。

などなど

意外に、みんな欲のないこんなお答がw

 

それはさておき

 

私、フリートークで思い切って聞いてみました。

『お金が入ったら、お酒は飲みたいと思わないの?』

反応は

『………。』

『飲まない、飲まない、飲みたいと思わんもん!』

 

こんな感じw

 

それから少しして

 

『いや~、やっぱりわからんね

  人が変わっちゃうかもしれない………。』

『大金持つとね………。』

 

そうだよね、人も変わるし人生も変わっちゃう。

気をつけないといけません。。。

 

 例えば、宝くじで大金が入らなくても、ふいに入ってきたお金があると

普段から何にお金を使うのかをしっかり考えて生活することができていても

時に羽目外しをして散財してしまうことも多々あります。

 

アルコール依存症の方たちの再飲酒のきっかけに、やはりそんなお金が入った時が多々あります。

 

 宝くじのお話ではないんですが・・・仕事に就きたい、復職したい

それは、通所初めから必ず出てくる話です。

 

 通所されて間もなく『働きたい!働きくんだ!!』とご希望される方がいます。

『回復施設なんかでぐずぐずしてられない!』とか『早く卒業したい!』とかおっしゃる方がいます。

 

『そんなに急いで仕事に就く理由は?』と問えば

『俺はもう大丈夫。』『アルコール依存症ではない。』『うまく飲めるんだ。』という返答。

 

『仮に就職して、働いたお金は何に使うの』と問えば

『自立する。』大概がそんな返答。

 

まだ、お酒に近いところにいる上に、一人暮らしに戻り仕事をし始めたのはいいけれど

結局、稼いだお金は生活費どころかお酒に消えてしまう。

また、再出発できればいいけれど、残念ながら命を落とされる方もいます。

 

長い間の多量の飲酒が体から抜けきるのに2年はかかるといいます。

ことを急いで、お酒で命を落とすか

しっかり断酒して、ゆっくり自分なりの回復を目指すのか

そこが大事です。

 

マムにただ通ってるだけ?

 

そうじゃない!

 

まず通って、お酒のない時間を過ごしながら

断酒を継続させて、心身の健康を取り戻してゆくこと。

 

その中で日常的な生活を整えてゆくこと

お金の使い方をあらためて考えてゆくこと

そんなことから立て直し。

 

そして何より

先を行く回復者の方々やスタッフとのかかわりから、自分自身の生き方を再考してゆく。

 

ゆっくりゆっくり。

 

断酒して『さて、自分はどう生きてゆくのか』を考えて学んで毎日を送る。

それが大事かなと思います。

 

面白いテーマでした。

 

今度は

もしお酒が飲めるとしたら?

とか

もし、3日後にこの世が終わってしまうとしたら、お酒を飲みますか?

なんてテーマも面白いかもしれませんね。

 

余談ですが『宝くじが当たったらどうするか?』というテーマ

改めて考えてみると『当たったらいいな~』くらいしか考えていない自分には

やはり当たらないのかもしれませんねw

『何々のために、宝くじを当ててやるぜい!』くらいじゃないと幸運も引き寄せられないかもしれません。

そんなことを思った、ある日のテーマミーティングでした!

 

 

12月5日(月)~9日(金) 

 みたかカラフルアート展(障がい者作品展) 

 作品展示 

 

12月7日(水)販売 終了いたしました。

 

 ありがとうございました!

 マムの匠たちは、今 ハロウィーンとクリスマス

 

そして、久しぶりに行われることになった

   

   秋から冬の販売イベントに向け着々と

         

        準備を進めています。

 

  今年もまた

    

    沢山のこころ温まる冬のイベントのお手伝いを

 

      いたします!

     

8/1 テーマミーティングの時間に

 

DVDを使って、依存症の勉強会を行いました。

 

断酒継続をして長い方が多くなりましたが

時折、みんなでアルコール依存症という病に

ついて確認をしたり考えたりします。

 

 

 

アルコール依存症には

「治癒はないけれど 回復はある。』

 

この言葉、頭の中が???????

となることはありませんか

 

 

 病として治癒(以前のようにアルコールは飲めるようにはならない

  けれど、断酒することによって

   回復(アルコールで失った生活や人間関係や信頼などを取り戻すこと)はできる。

 

 やはり回復のすべては断酒をすることのようです。

 

 これから3週続けての勉強会となります。

マムの手作り昼食

2022/6/1   リビングハウスマムからのお知らせ

こんにちは。

更新が滞っておりました。申し訳ありません。

 

現在の状況をお知らせいたします。

 

「NPO法人リビングハウスマム」は平成27年10月より

「NPO法人SUN リビングハウスマム」として活動しております。

ホームページでのご案内が遅れましとことお詫び申し上げます。

 

日中活動の支援をする通所型事業所です。

 

ホームページの情報など、旧法人の情報となっておりますが

連絡先、資料請求先などの変更はございません。

 

申し訳ありません。

宜しくお願いいたします。

 

リビングハウス マム 事業所長 矢澤 聖

 

 

過去の記事は、こちらから!(2022年6月更新 前)

2013/3/4

 マムNEWS 第9号

2013/3/4

 マムNEWS 第8号

2013/1/31

 マムNEWS 第7号

2013/1/31

 マムNEWS 第6号

2012/11/06

 マムNEWS 第5号